🗣「ゴールはいっぱい持つほど良いという話を聞き、 “他は切り捨てて、これだけを頑張らなくちゃ”と考えなりました。」

大切なことはゴールは「多い”ほう”が良い」のではなく、「多い”ほど”良い」ということ。多くの人は、無意識に自分のなりたい姿を選択してしまいます。「今の会社の部長を目指す自分だから、作家になるのを諦める」、「沖縄に別荘を持ちたいから、北海道の別荘は諦める」とか。

上手に脳の仕組み使うためには、沢山のゴールを持つことが有効。すると、あなたの脳は各ゴールによって刺激され、目標達成に関する方法を無意識に探し始める。大切なことは、自身のwant-toを抑圧せずに、want-toであることを自覚すること。そこから先は、脳の無意識まかせ、頑張る必要はありません。