「ゴールは曖昧で良い」いうアドバイスを信じて日常を過ごしてみた所、興味の対象がものすごく広がりました。

この感想も、まさに私たち認知科学コーチングを受けた方らしいものと感じます。コーチングがすることはクライアントの目標達成を支援することですが、決して直接的にコンテンツや具体策に触れることはせずに、クライアントさんの脳を活性化させるような間接的方法をとっています。